スポンサーリンク

友人の母は僕のもの!「ママは対魔忍」攻略&レビュー!

スポンサーリンク
lilith
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ママは対魔忍

2019年4月19日よりBlack lilithから発売された、「ママは対魔忍」をプレイしました!Black Lilithからは約半年ぶりかつ「対魔忍シリーズ」ということもあり、かなり注目を集めた作品です。今回は、攻略ルートとプレイした感想についてご紹介します!

ママは対魔忍
ブランド Black LILITH(公式HP
原画 さのとしひで 
シナリオ フレーム 
CV 吉沢加奈:ヒマリ 杉田夏鈴:御苑生メイ 
ジャンル アドベンチャー
カテゴリ ショタ巨乳人妻寝取り対魔忍
発売日

DL版:2019年4月19日 パッケージ版:2019年4月26日

価格 DL版:¥3,080(税込)パッケージ版:¥3,278(税込)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

攻略ルート

本作には2つのルートが存在します。

序盤の最初の選択肢次第で結末が異なり、中盤に関してはどの選択肢を選んでもほとんど同じシーンが続きます。

攻略ルートを開く

選択肢

お手伝いをお願いする お願いしない
叱らない 叱る
落ち着いて説得する 強く拒絶する
約束する 約束しない
健也堕ちEND 魔族堕ちEND

 

 

「ママは対魔忍」の評価・感想

あらすじ

優しい夫と元気な息子・悟とともに幸せな生活を送っている元・対魔忍の吉沢加奈は、ある日テレビで主婦が立て続けに失踪している事件を知り、その主婦たちが元対魔忍であることに気づきます。この事件をきっかけに、加奈の周りに変化が現れ、夫と息子への裏切りの日々を送ることになります。

シナリオ:「対魔忍シリーズ」要素は何処へ?中盤以降ダレまくる 10点

対魔忍シリーズとして位置付けられ、対魔忍シリーズのファンにとっては期待の新作でしたが、ほとんどといって良いほど対魔忍要素をほとんど感じませんでした。

元対魔忍だったという描写はあるのですが、対魔忍になって魔族と闘う、魔族に捕まって陵辱される、などの対魔忍シリーズの定番と言える描写がほとんどなく、対魔忍要素をもう少し入れても良かったと思いました。

また、元対魔忍でありながら、押しに弱く息子の友達の言いなりになるほど弱いのも違和感を感じるポイントでした。普通の人妻という設定ならまだ納得はいきますが、やはりどうしても元対魔忍という肩書きを考えると、こんなに弱いものだろうか?と疑問を感じてしまいました。

シナリオに関しては、序盤までは良かったものの、中盤に工夫が見られない単調なストーリーだったと感じました。

序盤は息子の友人が魔族によって陰茎に呪いみたいなものがかけられ、加奈が仕方なく精処理を恥じらいながら行うというなかなか斬新な演出で面白かったです。しかし、中盤になるとショタの友人が調子に乗り加奈を無理やり犯そうとするため人によっては胸糞な展開となっています。

対魔忍シリーズは、めちゃくちゃ強いヒロインが的に捕まって犯されるという流れが一般的。今作はあまりそれが見られなかったのが残念でしたね。

グラフィック:人妻らしいボディが良い!クオリティは高い! 50点

グラフィックに関してですが、人妻モノの特徴とも言えるムッチリとしたボディの描き方はとても素晴らしく、総じてハイクオリティに仕上がっていると思います!

出るところはしっかり出つつも、人妻らしい成熟した体を感じさせる体の描き方は人妻好きのハートを刺激すること間違いナシなグラフィックとなっております!

ヒロイン以外のキャラクターもそれぞれ性格や特徴がよく出ており、作品の中にうまく溶け込んでいました!グラフィックに関してはほぼ問題ない出来だと思います!

加奈ママンはとにかくエロい!こんな人妻近所にいねぇかなぁ・・(羨望)
夏鈴さんはとても若々しい体つきで、こちらも良いなぁ・・と・・(恍惚)

演出:人妻とのショタプレイは興奮する!ただし単調な内容 30点

エロシーンは人妻らしい豊満な肉体をしっかり描いててヌケる一方、内容がどのエロゲーにもある単調なもので少し残念でした。

人妻とショタとのプレイというなかなか斬新な内容で、個人的にとても興奮出来ましたね! ムッチリしたボディが余計にそそらせるので私もこんな人妻抱きてぇ・・と思いました(笑)

一方、内容はフェラをして挿入、パイズリして挿入、など最後は挿入して終わるというものでパターンがシンプルすぎて単調に感じました。もう少しシーンにバラエティがあれば良かったのかなと感じました。

一応最後のほうに対魔忍シリーズらしい陵辱シーンはありましたが、過去シリーズに比べて控えめになっています。この辺りは好みが分かれるところでしょうね。

しかしヌケる内容であるのは確か!逆に陵辱モノとかが苦手で対魔忍シリーズに手を出せなかったという方にはオススメかも?

ボリューム:可もなく不可もなく。そこそこ楽しめる 30点

ボリュームに関しては、可もなく不可もなくといったところで、量的にはそこそこ楽しめる内容になっていると思います。

エロシーンの数は加奈が29、夏鈴が2単独では1)の合計31です。価格と比較すると、ボリュームは多すぎず少なすぎずでちょうど良かったと思います。

あえて言うならば、夏鈴のシーンを個人的にはもう少し増やして欲しいと言ったところでしょうか。あと2、3シーンあればかなり大満足だったような気もします。

LILITH作品の多くがコスパの良い作品!今作もコスパは良好なのでエロゲ好きなら買っても良いかと!

総合評価:120点 良

総括すると、ビジュアルは良かっただけに、シナリオでの違和感の多さ、対魔忍シリーズの設定を活かしきれないストーリーなど、欠点の多さが目立つ作品でした。

対魔忍シリーズということでかなり期待していましたが、対魔忍感が感じられなかったのがもっとも大きな欠点かもしれませんね・・・。

ただ、対魔忍という設定を抜きに考えれば、ショタに寝取られる人妻というシンプルですがヌケるシナリオとなっているのは良いと思います!

↓購入はこちらから!

ママは対魔忍

⇩購入はこちらのボタンをPUSH!

ママは対魔忍 みんなの評判

みなさんの感想をお待ちしております!

ブログでは、みなさんのエロゲーレビュー・感想を大募集しています!

本記事では、「ママは対魔忍」の感想を大募集しています!

コメント欄にご自由に感想をお書き下さい!もちろん、この記事のレビューに対するコメントでも大丈夫です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました