スポンサーリンク

陰陽騎士トワコ 攻略&レビュー!

lilith

陰陽騎士トワコ~蛇神の淫魔調教~

こんばんは!SAINTWATです!

対魔忍シリーズでおなじみのLilithから発売された、「陰陽騎士トワコ」をプレイしました!

担当原画がLilith作品を多く手がけているZOL氏ということで、個人的にかなり期待していた作品でした!

今回は、「陰陽騎士トワコ」の攻略&レビューを行います!

「陰陽騎士トワコ」概要
ブランド Black Lilith
原画 ZOL
シナリオ そのだまさき
ジャンル アドベンチャー
カテゴリ 陵辱、調教、魔族、スカトロ
発売日 DL版:2013年8月23日 パッケージ版:2013年8月30日
価格 DL版:2,808円(税込)パッケージ版:3,150円(税込)

↓合わせて読みたい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

攻略ルート

序盤にある選択肢

本作には、4つのエンディングルートがあり、グッドエンドが1つとバッドエンドが3つという構成になっています。また、選択肢はゲーム中に4回出現します。

選択肢
面倒なので脅す 問答無用で殴る
報告する 報告しない
今は堪えて調教を受け入れる 廃人となっても調教など拒否する 今は堪えて調教を受け入れる
笑いにきたのか? 消えろ! BAD END② 消えろ!
GOOD END BAD END① BAD END③

陰陽騎士トワコの評価&感想!

陰陽騎士トワコ トップ画面

あらすじ

「犬神の陰陽師」としての異名を持つ柳生トワコは、裏社会でさまざまな悪行を行っている陰陽師・夕闇を追っていました。しかし、彼女の罠にハマってしまったトワコは、夕闇が運営する娼婦舘で「快楽天楼」に幽閉され、従順なメス豚となるようさまざまな調教が待ち受けています。一方で、トワコのメイドとして仕えている麗佳にも魔の手が忍び寄っており・・・。

シナリオ:登場人物同士の関係が説明不足 10点

(左)志木麗佳 (右)柳生トワコ

本作のシナリオについてですが、専門用語を多用して独自の世界観を作っている割には、説明が足りていない部分が多いように感じました。

本作は、ヒロイン兼主人公のトワコが、憧れていた先輩・佐倉裕子が任務中に行方不明となったことをきっかけに、夕闇の居所を突き止め抹消するというところから展開が広がっていきます。本作の世界観は、陰陽師をベースにして作られており、トワコやそのほかの陰陽師が操る術も陰陽師に関連したワードを使っています。しかし、世界観はしっかり作りこんでいるものの、登場人物の関係性や過去についてもっと触れて欲しかったです。

たとえば、トワコと佐倉裕子は先輩と後輩という間柄であることはうかがいしれますが、そもそもなぜトワコが佐倉裕子を憧れるようになったかの説明が全くされていません。夕闇を「佐倉裕子を殺した仇」として抹殺しようとしますが、2人の過去を描いていないので感情移入することができませんでした。また、とあるシーンでトワコに忠誠を尽くしている麗佳のセリフがありますが、こちらもなぜそこまで忠誠を誓うのかの具体的説明がなされていませんでした。

他にも、本作にはトワコに協力するさまざまな人物が登場しますが、どの人物もトワコとのつながりをしっかり説明しているとは言えず、どういう経緯で今の関係になったのかをもっと説明して欲しかったです。これらの説明がないため、物語全体が薄っぺらくなってしまっていたのは残念な点でした

グラフィック:質の高いハイクオリティなグラフィック! 50点

本作のグラフィックに関しては、文句のつけようがないくらい素晴らしいものでした

本作のヒロイン2人に関しては、一般的で少し露出が高いぐらいの衣装が多いものの、リアルな体つきをしっかり表現できていたのは良かったと思います!また、本作は表情の差分が結構多いように感じましたね。一般的な喜怒哀楽の表情はもちろん、ちょっと怒りながらも赤面しているものや、悲しい表情の中に喜びが見えるなど、バリエーションが豊かでとてもよかったです!

バトルシーンも、ヒロインと敵の動きをしっかり表したイラストとなっており、BGMとボイスを合わせて見ると迫力感あるバトルシーンが完成されていたと思います!

演出:今までの作品に少し改変を加えたエロシーン! 40点

肝心のエロシーンについてですが、過去のLililth作品にあったエロシーンから発展しているものもあり、おおむね満足できるものでした!

トワコと麗佳は序盤のうちに奴隷の烙印(焼きごて)を押され、この烙印を押されることにより調教師に逆らえなくなります。この設定自体は、過去のBlack lilith作品のひとつである「鋼殻のアイ」と同じようなものとなっています。ただ、全くのパクリというわけではなく、本作はアレンジを加えたものとなっていますので、見ていて違和感は無かったです。

エロシーンは美麗なビジュアルによってとてもいやらしく描かれており、普段勝気な性格のトワコと凛とした立ち振る舞いをする麗佳がアへ顔になって散々イキまくる、という流れで描かれているものが多かったです!調教師による調教により、頭の中では拒絶しても体がチンポを求めてしまい、ついには調教師の精液を求めてしまう、といった調教堕ちシーンは特に興奮しました!

また、本作にはトワコと麗佳にそれぞれスカトロシーンがありますので注意が必要です。今作のスカトロシーンは、路上の真ん中で大勢の人に見られながら極太一本糞をひり出す顔の上から食糞させるというなかなかハードなシーンとなっていますので、スカトロ好きの方は好むと思いますね!

残念な点としては、グラフィック自体はエロいものの、テキストとグラフィックが合っていないような演出もあり、萎えてしまったという点ですね。もっと短くできるようなエロシーンも、無駄に長く演出しているところがあり、個人的にそこは残念だなと感じてしまいました。

ボリューム:全体的に少ない印象 15点

本作のボリュームについてですが、ヒロイン2人を比較して、麗佳のエロシーンが若干少ないなと感じてしまいました。

本作は基本CG39枚エロシーン数17本となっており、トワコが10、麗佳が3、トワコ+麗佳が3、トワコ+夕闇が1という内訳になっています。この数字を見てわかると思いますが、麗佳の方がエロシーン数が少なくなっています

本作のメインヒロインはトワコで主人公的立ち位置にいたとはいえ、麗佳のシーン数が複数でのシーンとあわせて6つだけなのはちょっと少ないようにも思えます。個人的には、もっと麗佳のエロシーンを加えても良かったのかなというように感じました。

また、しっかりしたアドベンチャーものとしての背景を作っておきながら、選択肢4つも少ないのではないかと思います。物語の量としては満足できるものの、もう1,2つ選択肢を作ってもよかったと個人的には思います。

総合評価:115点 良

全体を通して、シナリオに問題を抱えているものの、グラフィックやエロシーンは満足できるものがあり、シナリオの部分を気にしないのであれば、イラストを見て好きかどうかで買っても問題ない作品だと思います

本当に残念なのがシナリオですね・・・。世界観や雰囲気は個人的には非常に好みだっただけに、登場人物との関係がすごく薄っぺらくて非常にもったいないと感じてしまいました・・・。ただ、シナリオの終わり方が続編を匂わせるようなものであり、わざと詳細を説明しなかったということもなくはないかなと感じました。

購入はこちらから!

みなさんの感想を募集しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました