スポンサーリンク

対魔忍アサギ 攻略&レビュー!

lilith

対魔忍アサギ完全版

こんにちは!SAINTWATです!(@douteigame)

エロゲーをこよなく愛している方々なら、まずこのワードを聞いたことがあるでしょう!

対魔忍(たいまにん)

はい!上のワードを聞いて、「感度3000倍」とか「アヘ顔」を思い浮かべた方は正直に名乗り出なさい!ww

というわけで(?)今回はぼくが好きなLILITHブランドより対魔忍アサギ完全版の攻略&レビューを行っていきます!実は僕自身、対魔忍シリーズの存在はもちろん知ってはいたのですが、実際の本編をプレイしたことはないんですよね…。

Twitterにたまに上げているのですが、僕自身趣味でソーシャルゲームの「対魔忍RPGX」をプレイしており、それなりに対魔忍シリーズについての知識はあるつもりです!

ってなわけで、今回は「対魔忍シリーズ」についての簡単な基礎知識についても触れてから、攻略&レビューを行っていきます!

対魔忍アサギ 完全版

概要

ブランド ANIME LILITH(公式HP
原画 カガミ
シナリオ 大東博・木全伸二(追加分)・笹@(原案)
ジャンル くの一輪姦調教アドベンチャー
カテゴリ 輪姦調教凌辱異種姦拷問
価格 DL版:¥1,944(税込) パッケージ版:¥2,160(税込)
発売日 DL版:2006年9月16日 パッケージ版:2006年9月29日

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

対魔忍シリーズとは?

累計販売本数約35万本!LILITHが誇る代表作品!

対魔忍とは、アダルトゲームブランド・LILITHが発売した「対魔忍アサギ」で初めて登場し、その後LILITHを代表するシリーズ作品として現在も多くのファンに支持されています!現在シリーズ作品の累計販売数は約35万本とされ、知名度が非常に高い作品として多くのエロゲファンから注目を集めています!

で、対魔忍って結局なんなの?っていう話なんですけど、めちゃくちゃ簡単に言うと

族に抗する略して対魔忍!

っていう感じです笑 詳しい説明については本作のあらすじやシナリオ部分と被る内容となっておりますので、ここでは割愛します!

ソーシャルゲーム・実写版など幅広いメディア展開も!

ソーシャルゲーム・対魔忍アサギRPGX

シリーズ作品として位置づけられているのは、全部で11本あります!また、ソーシャルゲームアニメ版・実写版なども展開されており、アダルトゲーム、しかも抜きゲーに分類されるようなものでここまで幅広く展開されているのは対魔忍シリーズぐらいじゃないでしょうか?

というように、対魔忍シリーズは、エロゲー業界の中でも特に認知度が高く、さまざまな展開も行っているゲームでもあります!

今後もシリーズの新作が登場するかもしれませんので、ぜひチェックしておくことをおすすめします!→LILITH公式HP

当ブログで紹介した「対魔忍シリーズ」記事もぜひチェック!

攻略ルート

最初の選択肢

本作には4つのエンディングがあり、1つがグッドエンド残りの3つがバッドエンドとなっています。

選択肢が多いので、選択肢が出た時点でセーブしておくことをおすすめします!

選択肢
対魔忍になることは反対できない
恭介を救うことが最大の目標
ワザと捕まった 戦闘経験が足りない
救う方法はないのかも・・・ 救う方法が・・・
必ず朧を殺す 私はどうすれば・・・
トドメを刺す 恭介・・・・ あきらめられない・・・ BAD END③
GOOD END BAD END① BAD END②

対魔忍アサギ 完全版 評価&レビュー

対魔忍アサギ TOP画面

あらすじ

魑魅魍魎が蠢く魔都・東京、人魔が結託した犯罪組織に対抗すべく、政府は人でありながら魔族に対抗できるくノ一「対魔忍」。そんな対魔忍の中でも屈指の実力を誇っていた井河アサギは、危険な任務を伴う対魔忍を引退し、平穏な生活を送っていました。しかし、ある日自身が3年前に殺害したはずのが目撃されたという情報を耳にし・・・

シナリオ:可もなく不可もなく 30点

シナリオに関してですが、これと言って良い点も悪い点も見当たらない・・といった感じでしたね。

話しの流れとしては、朧の調査を行っている最中にアサギの恋人・恭介に扮した朧に捕えられ、自身の妹であるさくらを人質に取られながら、徹底的な陵辱を受けてしまう・・という流れとなっています。

全てのルートの結末も見たのですが、筋は通っておりどのルートもまぁ納得のいく内容だったと思います。ただ、かといって「めっちゃ面白いシナリオだった!」とは言えないですね。ひねりがないかと言われればそうでもないし、かといって予想外の展開でもないし・・・、

結論を言えば、可もなく不可もなくといった表現が正しいでしょうか。

ただ、「対魔忍」シリーズの世界観や舞台設定、登場人物はこれからのシリーズ作品でも頻繁に出てくるものなので、これから対魔忍シリーズをプレイしていきたい!という方にはおススメです!

グラフィック:立ち絵とシーンで違う印象 20点

グラフィックに関してですが、通常の立ち絵とイベントシーンで微妙に絵のタッチが異なるのが気になりましたね。

先ほどの「シナリオ」の部分で載せた画像と、こちらの章で載せた画像を比べて貰えば分るのですが、体つきはともかく顔の表情が違うという印象を持ちましたね。

また、イベントシーンによっては細かい描写のあるもの、ちょっと雑な部分があるところなど、デザインが統一されていないあなぁとも感じましたね。致命的なミスというほどではないのですが、気になる人は気になると思います。

ただし、すでに10年以上前の作品であり、やはりどうしても当時と現在では絵の描き方も違うという点を踏まえて、今回は甘目に採点させていただきました!

演出:対魔忍らしい凌辱っぷり!ハード系が好きな方はおすすめ! 40点

肝心のエロシーンについてですが、対魔忍シリーズらしい凌辱を中心としたハードなプレイが見れて満足です!

エロシーンはアサギを中心としたシーンが多く、その次にさくら・朧と続きます。また、人との性交というよりも魔族とのエロシーンが多めに描かれています。触手責めや処女喪失シーンなど幅広いシチュエーションが用意されていました!

対魔忍シリーズの特徴のひとつとして、アヘ顔の表現が独特という点が挙げられますが、今作もそれはもう豪快なアヘ顔っぷりをアサギ・さくらさんがしっかりと表現してました!なので、基本的にはどのエロシーンもハードな凌辱モノという感じになっていますね!

シナリオと相まって、朧に徹底的な凌辱をされてしまうアサギさんが、だんだんと快楽に溺れていく演出がとてもよかったですね!さくらさんも、姉を救うために自らの体を差し出しながらも、姉よりもすぐに絶頂してしまう体質だったっていうのにも興奮しますね!なので、個人的にはエロシーンはすごく良かったと思います!

ただし、単純に殴られるだけの暴力シーンなどもあるので、苦手な方は少し注意した方が良いでしょう。

ボリューム:値段の割にはシーンが多め!アニメーションは微妙・・ 25点

対魔忍でおなじみの「感度3000倍」

ボリュームに関してですが、値段の割にはエロシーンのボリュームが多く、おおむね満足でした!

2000円以下ということもあり、最初は期待していませんでしたが、実際には40枚を超える基本CG数で値段の割に多いボリュームとなっていました!また、シナリオに関しても、この値段であれば納得できる量、および選択肢だったのでボリューム的には悪くなかったと思います!

ただし、アニメーション機能に関してはシーン数は決して多いとは言えず残念な点だと思いました。アニメシーンは、冒頭のイベントシーンと序盤のエロシーンのみしかなく、しかも回想シーンもなかったですね。

今作は、もともとの「対魔忍アサギ」にアニメーション機能を加えた作品となっており、アニメーション機能が売りだっただけに、アニメーション機能が少ないのはどうかと思いますね。この点に関しては、マイナスポイントとなってしまいました。

総合評価:115点 良

全体を通して言えば、悪い点も多かった分、良かった点も多かったという感想ですね。

ボリューム、特にアニメーションの部分はさすがに不満と言わざるを得ません。また、グラフィックに関しても絵のタッチが違うなど気になる部分も多く見受けられました。

その一方で、エロシーンに関しては凌辱を中心としたハード色濃いめの仕上がりとなっており、ハード系が好きな方には非常におすすめできる出来だったと思います!3人ともバランスよくエロシーンが用意されていたので、個人的には満足できる内容でした!

これから対魔忍シリーズを遊んでいきたい!という方は、ぜひこちらの作品から順番にプレイしてみてはいかがでしょうか?

対魔忍アサギ完全版

⬇︎購入はこちらのボタンから!!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

いかがでしたでしょうか?

10年以上前の作品でありながら、現在でも楽しめるエロゲーとしては良作だと思います!本編をプレイしておくと、対魔忍シリーズでおもわぬ伏線となって登場する事もあるので、まだプレイした事がないという方はプレイしておくべきでしょう!

当ブログでは、みなさまの感想や意見を大募集しています!ぜひお気軽に、コメントをお願いします!

それでは今回はここまで!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました