スポンサーリンク

鋼鉄の魔女アンネローゼ 攻略&レビュー!

lilith

鋼鉄の魔女アンネローゼ

みなさんこんにちは!SAINTWAT(→Twitter)です!

最近ブログを訪れる方々がどんどん増えており、とても嬉しい限りです!ブログ始めた当初は人が来なさすぎて、「はぁ…ひとりでシコろ」ってなった時期もありましたww

(でもひとりでシコってても逆にむなしいんだよな。)

⬆️管理人心の声

でも自分の中で試行錯誤して、なんとかみなさんに良いエロゲをご紹介できるように頑張ってきた努力のほんの一部だけが認められたのかなって思います。もちろんまだ全然納得してないんですけどね。

まぁそんな堅い話はいいとして、今回はぼくが大好きなLILITH作品より「鋼鉄の魔女アンネローゼ」の攻略&レビューをしていきたいと思います!

実はこの作品LILITHのなかではかなり人気作となっており、ファンの方も大勢いらっしゃいます!ぼくもいろんな高評価を聞いてプレイしてみました!

果たしてどんな作品に仕上がっていたのでしょうか!?

鋼鉄の魔女アンネローゼ
ブランド BLACK lilith(公式HP)
原画 カガミ
シナリオ そのだまさき
ジャンル 魔界都市剣客暴辱アドベンチャー
カテゴリ 調教ボテ腹乱交巨乳輪姦
発売日 DL版:2010年4月23日 パッケージ版:2010年4月30日
価格 DL版:¥2,860 パッケージ版:¥3,080

⬇️こちらの記事もおすすめ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

攻略ルート

本作は全部で5つの攻略ルートがあります。選択肢が多く攻略が少し難しいので注意しましょう。

攻略ルートを開く
選択肢
美樹ちゃん逃げるんだ!
情報に全てを乗せ突っ込む! なにか武器を探す
誤魔化して部屋を出る ミチコと話をする BAD END③
美樹を引き離す アンネローゼを奪え
別の答えを見る BAD END②
アンネローゼを殺せ
すぐにでも占ってもらう ショーに興味はあるが…..
任務だから理性的に 欲望に任せて押し倒す
不死者の勘だ! 信じなければやってられない!
TRUE END GOOD END BAD END①

鋼鉄の魔女アンネローゼ 評価&感想!

あらすじ

廃棄された都市・アミダハラ。魔界の住人や犯罪者が多く住むこの地で、探偵業を営むアンネローゼ・ヴァジュラとその使用人である主人公・橘陸郎の元に、美樹と名乗る少女から依頼を受ける。「兄を助けてほしい」

この何気ない人探しの依頼が、アミダハラに巣食う闇の勢力との壮絶な死闘につながることになるとはまだふたりは知らぬ余地もなかった…。

シナリオ:世界観や背景の作り込みは素晴らしい!が…  25点

シナリオに関してですが、世界観や背景の設定はおもしろいのですが、なんだかパッとしないシナリオと感じました。

シナリオ全体の流れとしては、廃棄都市・アミダハラというどこかで聞いたような名前(笑)で繰り広げられる、悪と正義のぶつかり合いを描いた物語となっています。魔法とかSFとかの世界観を絶妙に織り交ぜた感じになっており、この辺りをうまく表現できていたのは良かったです!

また敵対勢力やキャラクターの背景設定もしっかりしていたので、非常に感情移入できるシナリオになっていると思いました。世界観や背景をしっかり作り込んでいるので、奥深いアミダハラを知ることができる作品です!

しかし肝心の内容に関しては、正直ビミョーな終わらせかただったかなと思います。なんというか、主人公の立ち位置はなんだったのかよくわからないまま終わった感があるんですよね・・。これだけ世界観や背景がしっかりしている分、もう少し別の角度みたいなものも欲しかったです。

シナリオの内容は残念でしたが、バトルシーンは息を呑む展開が多かったのでアクションものが好きなら悪くはないと思います。

グラフィック:キャラの塗りは素晴らしいが画面比が気になる… 30点

グラフィックは、キャラの塗り・質感はレベルが高いと思った一方、設定に関する話ですが画面比はもう少しなんとかならなかったんか?って思いましたね。

まずキャラクターのグラフィックはとても良かったです!ひとりひとりキャラがすごく立っていたので、それぞれに個性を感じられるデザインとなっていました!それに質感もすごくリアルに描かれており、さすが対魔忍シリーズを多く手掛けてきたカガミ氏だなと感心する出来だったと思います!

しかしこれは問題だなと思ったのが、画面比の黒い部分が異様に目立つという点です。

もうお気づきかとは思いますが、メインの絵の左右の余白部分が妙に多いと感じませんか?しかもシーンによっては縦長になったりするので、すごく見づらいというか気になってしまうんですよね・・・。

テキストボックスがある関係でこういう風になってしまうのは仕方ない部分はありますが、個人的にはすごく気になってしょうがなかったです。

演出:純愛部分は素晴らしい!陵辱部分はビミョーな点も.. 40点

演出に関しては、全体を通しておおむね期待通りの出来だったと言えますね!

攻略ルートによって見れる演出が異なり、TRUE&GOODルートでは純愛モノが、BADENDルートでは凌辱モノが見られます。まぁ予想通りという感じでしたね。

純愛モノでは主人公とアンネローゼの主人と下僕を超えた(というか立場が逆転したようなw)ラブラブ&濃厚なHシーンを拝めました!普段の凛とした最強の魔法使いとは一変した、チンポによがりまくる姿とのギャップがたまらなく興奮させてくれます!

一方凌辱シーンに関してですが、ブランドらしい悲惨な凌辱が良く描かれていて良かったと思います。個人的には、BLACK LILITHは凌辱モノの作りこみが素晴らしいと思っていますので、演出のクオリティは問題ないと思います。

ただ主人公にアンネローゼが犯されていくところを見ているシーンなのに、主人公のセリフ(というか存在)がほとんど描かれていないのは問題だと思います。ある意味寝取られ的な要素も含ませればより背徳感があってよかったと思うのですが・・・。

全体的には悪くなかったと思いますので、今回はこちらの評点となりました!

ボリューム:大ボリューム!1日かけてじっくり楽しめる! 50点

ボリュームについては、シナリオ&グラフィックともに満足できる内容でした

ほとんどのHシーンはアンネローゼですが、他女性とのHシーンも用意されているので飽きることはないでしょう。割と内容も濃いものが多いので、1つ1つのシーンを存分に楽しめるという点も好評価の理由です!

シナリオも内容はさておき、この値段を考えると量自体は多いと思います!テキスト量も多く、ゆっくりテキストを読めば1日遊べるエロゲでした!

非常にボリュームのある作品で、長く遊べるエロゲとしておすすめです!

総合評価:145点 良

本作を一言で表すなら、「コスパ良好でヌケる純愛&凌辱エロゲ」と言ったところでしょう♪

まずグラフィック・演出の部分では少々気になるところはあるものの、Hシーンの差分も多いので長く楽しめると思います!どのシーンも濃厚でハードな内容となっているため、こういったシチュが好きな方は楽しめるでしょう。一応純愛となってはいますが、純愛に凌辱モノのような喘ぎ声がある感じですのでご注意を(笑)

シナリオに関しては世界観・背景などの基本的な設定は素晴らしいものの、それを活かしきれない内容の薄いものとなっていたのは残念ですね・・。無駄に世界観を深くさせ過ぎた分、説明不足な点があったようにも思えます。ただ雰囲気というか、魔法とSFが混ざった世界という少し変わった設定を楽しめるという点では評価できるとはおもいます。

本作はこんな人におすすめ!

  • 凌辱モノが好きなかた!
  • ちょっとラブラブな純愛モノが見たいかた!
  • とにかくHシーンが多いエロゲが欲しいかた!
  • 安くエロゲを買いたいかた!

鋼鉄の魔女アンネローゼ

⬇︎購入はこちらのボタンから!

本作は「DMM GAMES 遊び放題」対象作品です!

本作品は「DMM GAMES 遊び放題」の対象作品となっています!

「DMM GAMES 遊び放題」とは、月額たったの¥2,980を支払うだけで、さまざまなエロゲを楽しめるサービスです!遊べるタイトルはなんと2500本以上となっており、毎週10本以上は追加されていくので、ずっと楽しめます!

しかも、いまなら7日間無料で楽しめることができますので、この機会にぜひ登録してみてください!

鋼鉄の魔女アンネローゼの評判

ここまでお読みいただきありがとうございました!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

LILITHの人気作というだけあって見応えがある作品でしたね!一応対魔忍と世界観は共通しており、作中にほんのちょびっとですが「対魔忍」のワードが出てきます。

ちなみに本作品ですが、メディアミックス展開がすさまじく、OVAや実写AVなどが制作され発売されています(笑)



しかし逆に言えば、それだけ本作がかなり売れたからこそ、OVAアニメ化や実写AV化されたのかもしれませんね。興味のある方はこちらを購入してみても良いでしょう。

それからLILITHのプロデュ―サーである笹山逸刀斎さんがこんな気になるツイートをしています!

こ、これは!ひょっとして「鋼鉄の魔女アンネローゼ2」の発売も近い・・・・!?

日付見ろ。日付を

・・・・・・。4年前・・・・・。

果たして次回作は作られるのでしょうか?そもそもLILITH新作が「ママは対魔忍以降まったく音沙汰がないのですがそれは・・・。

今後の続報に期待したいと思います・・・w

それでは次回の記事でお会いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました